×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

gdi++.dll, Smooth edges on screen font again.

このソフトウェアは、まだ開発段階のものであるため、正常な動作を保証するものではありません。危険なバグさえ潜んでいる可能性があります。必要であれば、試用する前にバックアップを取るなどして、万が一の事態に備えるようにしましょう。

ダウンロード

履歴

(2006/09/27)
GetTextExtentPoint32()が除外フォントでも処理していたのを修正
IsValidDC()関数を新たに作って、画面用のDCかどうかをチェックするようになった
印刷時に崩れる問題が解決しているかもしれない)
>>501氏によるソースの整理
狩野氏によるエッジ強調フィルタの搭載(Enhanceオプションが追加されています)
gdi++.dllがGetMsgProc()をエクスポートする仕様に(>>654氏=>>168氏)
デフォルトでFixedSysとMarlettを除外するようにしておく
(2006/09/26)
斜体でも右端が切れないようになった
Weightオプションの取り方を変更、重ね描きの回数を指定
設定ファイルにMaxHeightを追加、スムージングする最大のフォントサイズをピクセル単位で指定する(0ですべてスムージング)
Quality=0のときはGetTextExtentPoint32をそのまま返すように
設定ファイルにForceAntialiasedQualityを追加
>>342の修正を追加
とりあえずフォントが回転してる場合はスルーするようにした(じきに縦書き対応予定)
(2006/09/25)
2000用のExtTextOutAのlpDxを再計算をするようになる(>>418氏)
Windows 2000におけるTeraPadでの問題を修正(>>418氏)
(2006/09/24)
専用スレが立ち、開発スピードも異常にアップ
IEなどで文字が欠ける問題を修正(>>460氏)
Weight=2のときの描画回数がおかしかったのを修正(>>460氏)
ソースレベルでSSE2、SSE3対応プロセッサへの最適化(>>52氏)
添付のバイナリには反映されてないので注意)
Makefileにsse追加(nmake sse でコンパイルできる)
FlushInstructionCache、DisableThreadLibraryCallsを追加(>>168氏)
gdi++.exeが9x系のWindowsを弾くようにする(>>168氏)
Windows 2000用にExtTextOutA、TextOutA/Wを新たにフック(◆0x0D/0x20I)
サブピクセルレンダリングのゴミを軽減(>>460氏)
バックバッファをキャッシュするようになる(>>168氏)
フォント名比較をハッシュ値で行う(>>168氏)
フック先のプログラムに引数を渡せるようになる(>>460氏)
パスが通っているコマンドを認識するようになる(>>460氏)
(2006/09/23)
>>460氏にほとんどのコードを書き直していただく
全体的に描画の崩れが減った
Janeなど一部のアプリケーションでの問題に対応
関連付けにしたがってプログラムを起動するように
標準のレンダラで描画するフォントを指定できるようになった
サブピクセルレンダリングをまた元に戻してみる
(2006/09/20)
>>460氏のコードを元に、APIを直接フックするようになった
それに伴ってバイナリ書き換えは不要に
Windows 標準コントロールにも影響が及ぶようになった
(2006/09/16)
ExtTextOut()をサポート
GetTextAlign()に関連した表示位置の修正
(Firefoxで動くようになりました)
(2006/09/15)
サブピクセルレンダリングを廃止
品質が3段階から選べるようになった
(2006/09/09)
gdi++.dllのみ公開
INIファイルからレンダリングの設定を行えるようにした
簡易サブピクセルレンダリングを実装
コメントアウトされていたGetTextExtentPoint32を実験的に元に戻す
(2006/09/07)
公開